« 東方迷路 Vol.1 | メイン | PHPのこと »

2006年09月29日

東方迷路 Vol.2 [クロスワード]

maze_2.png

昨日に引き続き、文字の浮き出る迷路です。

そういえば小学校時代は迷路ばっかり描いてたなぁ。自由帳二冊まるまる全部迷路でしたもん。しかもそれぞれが繋がってて、二冊あわせてひとつの迷路という果てしな
く壮大な規模の迷路です。

もちろんただ道があるだけじゃなくて、ワープありアイテムあり鍵扉あり潜水艦ありのまさに何でもありって感じの迷路でしたっけ。いや、迷路とは名ばかりの、ほとんど迷いようが無い代物でしたが。それを作ったのが1、2年の頃ですね。

小学校高学年にもなってくると、さすがにそんないたずら書き迷路では飽き足らなくなって、やや本格的な迷路を作り出します。小腸のようにぐねぐねした曲線の集合体で迷路を作るので、腸型迷路と呼んでました。

でもそういうのって、遊んでくれる人がいないとつまらないんですよねぇ。物珍しげに遊んでくれた周囲の人も、私が量産しまくるととっくに飽きてきて、公開する場がありません。

そんなわけで、昨日の今日まで私の迷路熱は停滞していたわけですが、急に思い出して作り始めたのでした。まあ、長続きはしないと思いますが。

投稿者 : 10:13 | コメント (2)

コメント

その気持ちわかる、わかるぞ!
私も小学生の頃迷路書きまくってました。
しかもそのノートが未だ現存しているという。

昔の自分がんばってんなー…

投稿者 佐伯 : 2006年10月02日 01:13

似た者ばかりだなw
ちなみに、5mmの木目模様のノートに2,3冊書いたなぁ…

3年の頃にはここでいう腸型迷路を書いてたっけ…

…机に油性ペンで書いて先生に強烈なビンタ貰い、泣きながら潜在と雑巾でごしごしと…うっ。地味に古傷が…

穴あき机の場合は、そこがゴールだよっ

投稿者 トラねこ : 2006年10月04日 23:14

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)