« ジェネリッククラスで可変長配列を簡単に | メイン | EC管理人引退宣言 »

2006年03月14日

MjQuickView 2.21 [プログラミング]

幾つか機能を追加/整理した MjQuickView 2.21 をUPしました。

MjQuickView 2.21[20.7KByte]

主な更新内容は以下のとおりです

  • スクロール強化(ぐりぐりスクロール等)
  • 拡大縮小機能追加
  • ウィンドウサイズに合わせて拡大機能追加
  • ショートカットキーを大幅に整理
  • 削除機能追加
  • ツールバー、メニューバーを整理

常駐型ビューアは予想以上に難しく、DDEやSendMessage等のWin32APIを使うべきか、.NET Remotingを使うべきか迷っているところです。しかしMicrosoftは本気でマルチプラットフォームを意識し始めたみたいですね。OS依存の関数群が丸ごと削除されているあたり、その勢いを肌で感じます。かえってそれが迷惑に思う時もあるのですが・・・。

投稿者 : 14:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://totora.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/116

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)