« 幻想郷強さランキング(主観) | メイン | ジェネリッククラスで可変長配列を簡単に »

2006年03月10日

C#で書き直してみた「MjQuickView 2.10β」 [C#]

MjQuickView 2.10β[15KByte]

去年VBで作った簡易画像ビューア MjView1.x を、Visual C# 2005で組みなおしてみました。なお、機能確認とテストのためのプロトタイプ版ですので、バグ等が残っている可能性があります。

しかし、C#(+VC#2005)は私のようなホビープログラマにとっては魔法の杖のような道具ですね。VB6でやっていた泥臭い作業をかなり省くことができ、アプリケーションを作るための手間が極限まで短縮されているような気がしました。

今後追加する機能としては、

  • 外部ツールの設定(復活)
  • 画面サイズにあわせて画像を拡大(復活)
  • 画像の縮小拡大
  • カスタマイズキー
  • マウスジェスチャ(必要か?)
  • 削除・編集

あたりでしょうかね。とりあえず機能確認のために非Objectiveっぽいコーティングでテストしたので、きっちり設計書を書いて状態遷移とイベントを管理したいと思います。

投稿者 : 14:23 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://totora.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/114

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)