« プログラミング言語に幻滅した瞬間 | メイン | 雪咲夜 »

2006年02月06日

IE7 Beta2 Preview版 リリース [Web]

InternetExplorerの次期バージョンである7のプレビュー版がリリースされた。

IEといえばCSSの対応状況やらなんやらで散々叩かれていたブラウザだけに、どうなるかは気になるところである。というわけで、早速ダウンロードしてみた。

IE7で見たトトラ

ユーザインタフェースまわりが妙にすっきりしている。「お気に入り」を探すのにしばらくかかってしまった。
一般的なメニューバーは存在せず、こまごまとしたボタンがたくさん点在している。WindowsMediaPlayer のそれに近いような気がした。Microsoftの最近のデザインセンスは、格好つけるだけで使いやすさは低下しているような気がする。

さて、肝心なCSSの対応状況だが、Internet Explorer (Windows) CSSバグリストを一通り試した見た結果、かなりのものは改善されているようだった。例を挙げると、blockquoteがだんだんズレていくという有名なバグもしっかりfixされていた。これ以外にもたくさん直っているが、全てを紹介することは出来ないので、気になる方は試してみると良い。

そしてもうひとつ大きなIEのバグ。XHTMLのMIME型である application/xml+xhtml で送られてきた文書を開けないという問題。ダウンロードダイアログが出てくることは無くなったけれど、XHTML1.1のDTD検証の段階でエラーが出る。詳しくは調べていないのでよくわからないが、相変わらずIE7でも表示はできないようだ。

そうそう、こんなバグもあった。DOCTYPE宣言の前にXML宣言があると、DOCTYPEスイッチが正しく動作しないというものだ。これのほうはしっかりと改善しているらしい。

とりあえずそこそこの仕上がり具合といったところだろう。いち早くIE7が出回って、CSSのバグのために悩まされる日々がなくなって欲しいと思う。しかし思ったほどは凄くなっていなかった。というのも実感。これではFirefoxに王座を奪われる日もそう遠くは無いのではなかろうか。

投稿者 : 18:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://totora.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/104

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)