« C#関連 | メイン | 東方煌十夜リリーシナリオ仮公開版(5話まで) »

2006年01月11日

リンクのクリック数をカウントして保存 [Perl]

「リンク元」(リファラ)を表示してくれるアクセス解析ツールはよくあるが、「リンク先」を解析するものはあまり存在しない。あるとしても、一旦CGIを通してリダイレクトする方式がほとんどだ。それならリンク先のURLを変えなければならないので手間だし、ユーザ側から見ても明らかに「解析されている」という印象が強くなってしまう。

それでクリックされたリンクのログを効率的に回収し、閲覧するためのプログラムを組んでみた。

リンククリックのログ取得CGI [MjClick ver 1.10](13KByte)

リンクがクリックされた瞬間にJavaScriptでダミーの画像を生成し、そこからCGIプロセスを発生させる。飛ぶURL自体を変えるわけではないし、ページはすぐに切り替わるので、リクエストヘッダでも見てない限りは解析されていること自体気づかないだろう。

ついでにリファラがあれば保存しているので、一体ユーザが「どこから来て」「どこへ行くのか」が一目で分かるようになっている。Cookieを使用すればもう少し高度な追跡も可能だが、現在はそこまではやっていない。ユーザのニーズを掴むには、この程度のアクセス解析でも十分効力を発揮する。

複数ページのログを一括で取得することも出来るので、サイト間の移動を把握することも容易だ。

アクセス解析画面

Perl/CGIが使えるWebサーバなら基本的に動作する。もしユーザのクリック状況に興味があるならご自分のサイトにも設置してはどうだろうか。

(追記:2006/1/12)
リンク元非表示時のページ選択がリンク先のフィルタリングになっているというバグがあったので、それを修正しました。
(追記:2006/2/8)
日付が1ケタの場合上手くログが収集できないバグを修正しました。
最新版:[MjClick ver 1.12](13KByte)

投稿者 : 16:33 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://totora.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/94

コメント