« アクエリ-過去の栄光- | メイン | I know. アンテナ »

2005年07月19日

幻想郷史 [東方]

まぐれ当たりさん製作の、幻想郷史 ~The history of Phantasmagoriaというゲームをやってみました。戦国史のエディタ機能を利用して作られた戦略SLGのようです。

これがなかなか本格的で面白い。要は「信長の野望」とか「三国志」シリーズと似たようなものなのですが、昔の懐かしさがひしひしと蘇ってきました。いろんな勢力があって、それぞれに主従関係や友好関係がある東方シリーズは、戦略SLGにとてもマッチするような気がします。SRCを使ってそれらしきものを作ろうとしたことがあるのですが、先を越されたという感じですね。まあこちらはほとんど出来ていなかったのですが・・・。もしかしたら煌十夜を戦略SLG仕様に変えるかもしれません。余裕があればですが。

で、肝心なゲーム内容ですが、なかなかに苦戦を強いられています。私のプレイングが悪いのでしょうが・・・。

本拠地すら失った博麗軍(青色) そして滅亡

無難に博麗神社からはじめたのですが、ルーミアを攻めているうちに同盟軍のリリーに裏切られ神社の庵を失う。その直後に八雲一家に攻められ神社も占拠。その戦いで玄爺も戦死し、帰る家すら無くなってしまいました。相次ぐ従属勧告にも耐え続けたのですが、やがて食料が尽き、永遠亭の軍門に下りそのままゲームオーバー。早い幕切れでした・・・。

今回は考えも無く攻めたりしてたので、次こそは真っ当に全国統一を目指してみたいと思います。

ツールの制限で仕方ないのかもしれないですが、武将ごとにアイコン等が表示されるとより良かったかもしれませんね。やっぱり名前だけではちょっと寂しいので・・・。アイコンがあると俄然やる気が出るような気がします。全般的にはかなり面白い出来になっているような気がします。これは幻想郷史というよりは戦国史自体に対する意見ですが、もう少しユーザインタフェースがわかりやすいと良かったですね。慣れるまでどうすればいいのかかなり迷いました。

これをやっているうちに、自分でも作りたくなってきました。SRCで実現できるかなぁ・・・。

投稿者 : 11:38 | コメント (2)

コメント

補足されたので、やって来ました。
楽しんで戴いているようでなにより(´ω`)
煌十夜さっそくDLさせていただききました。
リンクもぺたりとはっつけますね。

幻想郷史ですが、当初はSRCの予定でした。
しかし戦略SLGの魅力は「誰にも勝つチャンスがある」
そこで思い切って完成されたばかりの戦国史を選択。
人物の顔グラが表示されないのが最大の欠点ですが、
そこは妄想と幻視でカバーしてくださ(ry

投稿者 さしみ : 2005年07月19日 23:32

ありがとうございます。アイコンもやっているうちに自然と脳裏に浮かぶようになってきました。
しかしやればやるほど作りこまれているのがよくわかりますね。この絶妙なバランスは素晴らしいと思います。私も見習いたいです。

投稿者 無重力 : 2005年07月20日 16:05