« にょにょってみる | メイン | やりたいことが多すぎる »

2005年07月04日

操人形2 [東方]

※このトピックには東方操人形2のネタバレが多分含まれません。・・・が、やや否定的な意見が含まれています。ご注意ください。

東方操人形2をPlayしてみる。

ずいぶん前に買ったはいいけど、ずっと置いたままになっていたんですよね。Webでの予告を見て「これは絶対買うものか」と決めていたのに衝動買いしてしまい、その後「これは絶対にPlayするものか」と決めていたのについ手を出してしまいました。

Playしたと言っても最初の7日間ほどしかやっていないので、内容については何とも言えません。というか、わかりません。

Openingやその他の質は高いのだけれど、これがアリス、いや東方シリーズでなければ多分良かったのでしょう。ですが、どうしても終始違和感が付きまとって私には無理でした。私の中では「東方」と「恋愛」という2つの要素は全く相容れないものという印象があるみたいです。

私が東方シリーズが好きになった理由の一つはそこにあるようです。恋愛の概念が全く含まれないゲーム。ありそうで、意外に無いんですよね。とくにPCゲーム系においては。

最近めっきり恋愛系ゲームをやらなくなった(というか拒絶に近いものあり)背景には、それらに対する幻滅があったりします。どんなに良いストーリーでも、ひとたびその要素が包含された途端、一瞬のうちに安っぽいものに見えてしまうんですよね。かといって他の恋愛要素の含まないゲームといえば、小機関銃を撃ち合ったり、戦隊を駆使したり、パネルをたくさん消したりとそんなのばかり。キャラクタを前面に出したゲームに、恋愛要素はほぼ確実に付いて来るというのが世の常です。

私は東方はいわゆるキャラゲーだと思っています。悪い意味ではありません。つまり、キャラクタに魅力を見い出せるゲーム。キャラ単体でも充分惹きつける力があるゲームとしてのキャラゲーです。なので別にシューティングに限らず、対戦格闘でもRPGでもノベルでも落ちゲーでも何でも彼女らにはマッチすると思います。

しかし唯一似合わないジャンル。触れられるべきではない要素として「恋愛」があると思います。男性キャラが極端に少ないのもそのせいでしょう。男女が出てくれば、それなりに恋愛要素が出てくるのは必然です。恋愛という概念を一切抜きにして、彼女らの「弾幕遊び」をひたすらに描いた物語。それが東方だと考えています。そして、私はそこに東方の魅力を見い出しています。

ですのでやはり残念ながら私には東方操人形2は無理でした。内容の善し悪しではなく、テーマそのものが相容れなかったようです。作者さんには大変申し訳ありません。今後の展開には期待しております。前作は大変面白かったですし・・・

投稿者 : 09:33 | コメント (0)

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)