« 廃止予定の要素 | メイン | Web上でのBGM »

2003年11月07日

MSDNのアクセシビリティ [雑記]



MSDNのInternet Explorer のアクセシビリティという記事を読んでいたのだけれども、文章の左端がナビゲーション領域に隠れて見えない。



Internet Explorer はカスケーディング スタイル シート ( CSS ) をサポートしていますが、ユーザーはスタイル シートをオフにして、Web ページ内でのテキストの表示方法をカスタマイズすることができます。その場合でも、スタイル シート内の 位置 情報がオフになるわけではありません。たとえば、ある位置にレンダリングされるテキストが、フォントが拡大されると隣のテキストにオーバーラップして読みにくくなる可能性があります。


カスケーディング スタイル シートのサポート@Internet Explorer のアクセシビリティ


別に作成者スタイルをそのまま使ってるんだけどな・・・。


ちなみにIEやOperaでは駄目なのに、Gekko系は問題無し。実はMicrosoft社は既にIE6.0を見捨てているとか。


投稿者 : 00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://totora.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/211

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)