« NetscapeNavigator4.xのシェアは0.6% | メイン | 日記のテーマ »

2003年09月30日

Deprecate h1-6? [XHTML2]



個人的にXHTML2.0に最も期待するのは、汎用hedding要素周辺。


今まではh1、h2と絶対数字でその見出しレベルを明示しなければならなかったわけだが、heddingとsectionの単純な上下関係で見出しのレベルを定義できる。


たとえば複数のHTML文書をひとつのファイルに纏めたいと考えた場合、h1を最大級見出しとして使用していたならば、その上に見出しを付けるのが難しくなってくる。


具体的には、



  • セレクタ

  • プロパティ

  • サンプル


をそれぞれh1要素とした3つのファイルをひとつの「CSSの書き方」というファイルに纏めようと考えた場合、h1要素をtitle要素と等価なものとするならば必然的に、



  • CSSの書き方

    • セレクタ

    • プロパティ

    • サンプル




となり「CSSの書き方」が単一のh1要素になる。


そうすると、今までh1だったものはh2になり、h2はh3になり...。これを修正しようとすると実に大変な作業。


投稿者 : 00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://totora.jpn.org/mt/mt-tb.cgi/158

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)